パン屋のlol日記

lol日記始めました。

パン屋休業

お久しぶりです。

 

最近、同じシルバー5だった知り合いが知らないうちにシルバー2、3と昇格している中、未だシルバー5を彷徨っている私です。

 

パンテオン使っても勝てないが、パンテオンでしか勝てないのが今の現状。

 

後半の失速、集団戦の難しさ、レーン負けた時はチームのお荷物、タンクになれない、などリスクが非常に高い。

ブロンズ〜シルバーまでは通用したが、ゴールドにはなれないと最近感じてきた。

 

 

そこで今回、パンテオンに変わる新たなチャンピオンを使おうと考えた。

 

 

レーン、集団戦、自分の好みなど様々な条件を考慮して選び抜いたチャンピオン、それが

 

 

イレリアである。

 

 

 

昨日、イレリアを購入してノーマルで初めて使ってみた。今までパンテオンで味わうことのなかったランブルを殺せる快感、これは自分にとってかなり印象深いものであった。このチャンプを選んで正解だったと感じた。

 

 

まずはパンテオンを使い始めた時のように、一喜一憂せずとにかく練習しようと思う。

サポート

昨日どこでもオプションでサポートをやることになった。

 

サポートは自身がないため、どのチャンプをピックしてもかわらないと思い、トランドルをピックした。ワードを置くこと、adcを守ることを意識して立ち回った。

 

結果、味方adcがそこまで上手くなく、真っ先に死ぬため、集団戦で勝てず試合に負けてしまった。自分のサポート不足が原因でも有る。

 

 

味方を守る立場上、もし自分がダメージを出すチャンピオンだったらと考えると、もどかしく感じた。

 

 

次からサポートやるときは何をピックすればいいのかわからない、スキン買ったしブランドやろうかな。

7/20、21

昨日、一昨日の3戦結果

 

 

1戦目、supタリック

不具合が生じていたらしく、勝ってもLPが一桁しかもらえなかったり、負けても無効試合になったりしたらしい。実際に自分の試合も無効試合扱いになった。

 

どこでもオプションでサポートになってしまった。サポートは得意な方ではない、いやむしろ不得意である。

得意な順に並べるとtop > jg > mid >> sup >= adcである。

 

 チーム構成

味方:チョガス、J4、フェイト、ジン、タリック(自分)

敵:カミール、トリン、アジール、ヴェイン、ルル

 

なかなかスタンを当てられず(ヴェインのブリンクで避けられる)、積極的なダメージ交換ができなかった。だがジンがしっかりCSを取っていたのと、ヴェインが下手くそだったので落ち着いたレーン戦だった。

 

中盤に差し掛かり、タワーやドラゴンを取るところまでは優勢。

だが集団戦、J4、フェイトが殺気立った様子。特にJ4の動きには恐怖を覚えた。味方が到着する前に当たりにいくのがほとんどで、ultで通路を塞がれ、自分のスタンが届かない状況。死んだ後もあのフィールドは残るのでこれには味方も参ったことだろう。ただ、みんなの記憶に残るあのアグレッシブなプレイは見習うべき点であろう。

 

タリック使って難しいと思ったことは、ultのタイミングである。瀕死の状態から使っても発動には数秒かかるため遅くなる。ヘルスが多い時では相手が引くのでこれも意味がない。絶妙なタイミング、これが非常に難しい。

 

結局、試合はカミール、トリンにキャリーされた感じになってしまったが、カミールはただキルを持ってただけ、トリンはultを過信し過ぎて突っ込んで来ただけ、アジール、ルルはサモナーズリフトに居なかったも同然のように思えたので、この試合落としたのは悔しいところである。

 

 

 

2戦目、midジェイス

チーム構成

味方:ジャックス、ケイン、ジェイス(自分)、EZ、ポッピー

敵:J4、グラガス、ルブラン、トゥイッチ、スレッシュ

 

 

自分の中では、パンテオンがバンされた時は、好きなチャンプで遊ぶことになっているので今回はジェイス。

だが、味方にパンテオンをバンされたのは謎である。そこから来る怒りから、今回はフィードする覚悟の意味も込めてこのピックに至る。

 

正直、レーン戦はかなりきつかった。イグナイトではなく、TPを持てば良かったと後悔している。対面を殺すどころかダメージ交換もまともにできず散々だったが、csだけは必死で取った。

 

試合後のKDAは2/9/0

アシストがなかったのは自分でも驚きである。ちなみにこの2キルは勿論KS、対チャンピオンダメージもお察しの通りである。中盤から後半の動きは、ジャックスがスプリットでタワーを折り、ポッピーがタンクとなりケイン、EZが交戦し、自分はEQが届く範囲でファーム。lol始めたて1ヶ月の頃を再現しているかのようである。

 

敵は、こちらがドラゴンを狩ってるのを止めようと全員で向かって来る。ドラゴンは取られたが、ジャックスのスプリットを止めるのは誰一人居らず、top.mid2本のインヒビタを取られる状況。自分が言うのはおかしいが、敵もそこまで強くはない印象だった。

 

おかげ様で、ジェイスの勝率100%維持ができた。

 

 

3戦目、今回満を持して登場、topパンテオン

 

チーム構成

味方:パンテオン、ジャックス、モルガナ、ケイトリン、レオナ

敵:ガレン、ダイアナ、ゼド、ジン、ブランド

 

 

スーパーキャリー、非の打ち所がない完璧な試合であった。瀕死のジャックスをQで飛べるようワードを置いてあげたのは自分的にポイントが高い点である。

 

常に今回の試合のような動きをするよう心がけたい。

 

1つ気になった点としては、試合後のチャットで、キャリーしてもらったケイトリンが敵を煽っていたことで、この間のティーモを思い出した。

 

 

 

まとめ

 ・タリックのEは、敵がブリンクした後に使う。ultは早すぎても遅すぎても意味がない。(タイミングは今後の試合で学んでいく)

・しばらくはジェイス封印

・いくらお遊びでも基本的な動きは維持する

・3戦目の動きを常にできるよう心がける

・いくら味方が下手でもキャリーする心を忘れず、最大限のパフォーマンスを発揮する

7/17

昨日のランク戦では印象深い点が見当たらなかったため、今日の試合からレポ

 

3戦ほどやった。

1戦目

対面はダリウス

昨日の日記でも述べた事を意識して挑んだ。ただ、レベル3で無理に殺そうと、タワーダイブして逆にキルをとられてしまう。泣きそうになった。

その後、タイマンでは勝てそうになかったので、他レーンのロームをメインに動いた。結果、この判断は正解だった。いや、むしろこれがパンテオンの強みであり、パンテオンならこうするべきであると感じた。

最後は、育ったカタリナがキャリーして勝利

 

なにより、カタリナのコールが完璧だったと思う。

 

 

2戦目

対面はリサンドラ

リサンドラを相手にしたのは初めてで有利か不利かわからないので、とりあえずアグレッシブにプレイした。最初、イブリンが敵jg内でザックと対峙していたため寄ってあげた。リサンドラも寄る。結局うまい具合に2キルを獲得。

対面がメイジのため、ファーストリコールでへクスドリンカー購入し、ゴールド、レベル差もあったため、その後も順調にキルを重ねる。相手はcsを落としたくないせいか、やたら甘えムーブが多かった。ナメられるわけにはいかず、パンテオンの強さを思い知らせた。

 

正直、相手はタンク気味にビルドしていたので、初手へクスドリンカーはいらなかったと思う。

 

後半、集団戦での立ち回りが微妙だったので徐々に攻められ敗北という結果。adcを殺すよう動くもccに封じられる。見方を守ろうにもすぐ殺される。やはり、立ち回り方が難しい。

パンテオンは敵を殺す以外で味方を守る手段がなく、タイマン性能に特化しているため、後半どうしても失速してしまう。これはパンテオンを使っていて非常に悩ましい点である。

 

 

話は変わるが、途中、イブリンのafkがなければ早々に試合を決められたかもしれないと考えると、afkは決して許される行為ではないと思う。結局イブリンは戻ってきたが、自分から謝ることはなく普通にプレイ続行。正直呆れた。サモナー名を見てみると、「VN」がついている。意味を調べると、ベトナム人らしい。さらに、VNが付くサモナーはマナーが悪く、暴言、人のせいにする、序盤に勝てないと感じたら平気でafkをするなど報告が多い。非常識極まりない。

 

 

もう二度とlolしないでほしい。

 

 

3戦目

対面はティーモ

パンテオンにとってかなり有利な相手であり、序盤からキルをとっていった。しかし、自分は勝っていたが、気が付いたら敵jg,mid,adcが育っていた。20分ですでに諦め気味。結局彼らにキャリーされ、成すすべなく敗北。

 

今回は仕方がないものだとわりきっている。

 

ただ、なぜかわからないが、ゲーム中盤から糞ティーモは煽り始めた。

特に自分が死んだとき、全体チャットで「top wwwwwwwwww」と言ってくる。文章はなく、大量に草を生やすだけであるが、非常に腹立たしいことである。自分はフィードしといて、味方にキャリーしてもらっているくせによくそんな発言が出来るものかと疑問に思う。リザルト画面でも同様に草を生やす。

もちろん暴言でレポートはしたが、どうなったかはわからない。やはり、糞きのこをピックする人にまともな人はいないと感じた。自分の性格から運命的にこのピックになったのであろう。

普段は、スウェイン、ガリオ、yiあたりをバンするが、今後こういった人が湧かないようにバン候補に入れようと思う。

 

 

もう二度とlolしないでほしい。

 

 

 

まとめ

・低レベル帯でのタワーダイブはほどほどに

・序盤で試合を決めるように動く(具体的にどう動くかは今後のプレイで考えながら実践)

・味方に「VN」のサモナー名がいたら、運がないだけだと思うようにする

・バン候補に糞追加

7/15追記

昨日8戦の後、2戦やってパンテオン勝利を収めた。

 

1戦目

対面はレネクトン

1.2レベルではプッシュされ、3ウェーブ目にはタワーまで押された。フューリーを早く溜めることを意識しているように感じた。

特徴としては、Qをミニオンではなくチャンピオンに当てることを意識しすぎたせいかタワーを直に受けヘルスを削られている状態。

 

こちらもQでハラスを続け、レベル3でQWAAEigniteQでファーストブラッドを獲得。

その後も順調にキルを重ね、ggに至る。

 

考えてみると、ファーストリコールで重傷剣を買ったのは正解だと思う。Qの回復を阻害でき、一生ハラスできるのはかなり有効だった。

 

 

2戦目

対面はダリウス

正直、レネクトンもそうだがダリウスも苦手な部類、パッシブの出血がかなり痛い、レネクトン同様、Qの回復があるので重傷剣を購入。

 

序盤、うまい具合にハラスからのオールインでキルを獲得。2キル重ね、調子づいていた。

レベル6になり調子に乗っていたため、ヘルス満タンのダリウスにオールインした。その後、殴り合ったところ、逆にキルされてしまった。

 

これはやってしまったと後悔している。

考えてみれば、最初の2キルはしっかりQでハラスしてからのオールインで勝てたのであって、ヘルス満タンのダリウス(ult有)相手にはしてはいけないことなのである。

 

その後、ダリウスはファージを積んだため、ファージのMS増加に気をつけながらEで捕まらないようにQを打ち続け、オールインでキルを獲得。

 

あとは、ロームなどで他レーンを助けた。

結局、着々と育った自分とYiがキャリーした形となった。

 

 

まとめ

パンテオンvs 回復を待つチャンピオン、レネク、ダリウス、スウェイン、ムンドなどには重傷剣を買う

・対ダリウスの場合、フルヘルスのダリウス相手には絶対オールインしない。しっかりQでハラスをする(その際はEに気をつける)

 

昨日10戦してなんとなく感じたこと

・このレート帯だとyi、マルファイト、アーリが強い傾向にある(なんとなく)

・ガリオは確実に強い

 

 

今回は、レーン戦についての感想だったので、次からはビルド、集団戦など絡めて書いていこうと思います。

7/15

今日は8戦やった。

負けすぎたけど、ノーマルに逃げるのは甘えだと思ってランク続行した。

 

負けた試合ほとんど喧嘩始まったり、ブリッツが鬼本積んだり、AFKだったり、もういよいよだった。

 

結局は、味方が強くないと勝てない今の状況をなんとかしないといけない。

とにかくフィードだけはしないように意識する。

 

以上

初めまして

友達に勧められてブログを始めました。

 

lolの試合結果について書いていきます。

その日の試合の良かったこと、反省点、改善点、味方に対しての文句など色々書きます。

 

文章力がないので細かい文章表現については許してください。